Monthly Archives: 2月 2014

袴姿と合う髪型の一つ、三つ編みを紹介しましょう。

袴姿と合う髪型の一つ、三つ編みを紹介しましょう。

自分でアレンジする場合、三つ編みはわりと簡単にできます。
前髪が長ければ前髪をポンパドールにしましょう。これで古典的な大正時代を思わせます。そして左右を分けて三つ編みにしましょう。あるいは、一本の三つ編みにしてみましょう。後者は前者に比べ大人びた感じがします。
編みこみを加えるのも素敵です。三つ編みをくるっととめておだんごみたくするのも趣が変わって可愛いものです。
たかが三つ編み、されど三つ編みです。様々なアレンジが出来ます。
卒業式や成人式は、イベントです。三つ編みだけでは、華やかさが足りません。大きめの造花アクセサリーなども華やかな雰囲気を感じさせます。
髪飾りにおリボンも袴には似合います。
まずはどんなイメージにするかをしっかりと構造を練りましょう。
モダンな感じにしたいのか、エレガントな雰囲気にしたいのか、キュートな感じなのか、可愛い感じなのか…このイメージに迷いがあると美容師さんにお願いする場合は伝わりません。
しっかりとしたイメージを持ちそのヘアスタイルを画像でお知らせしましょう。
卒業式も成人式も一回きりです。ヘアスタイルや帯の幹事などがイメージ通りでないとテンションが下がります。
納得のいくイベントになるようにイメージを固めておきましょう。

コンタクトレンズを装着するとき

コンタクトレンズを装着するとき

コンタクトレンズを装着するときに
気をつけたいのが表か裏かです。

表と裏を間違えてしまうと目の違和感があります。
表ではなくて、裏と向きを間違えてしまうと、
目が痛くて大変です。

向きがあるので間違えないようにしたいですね。
また、カラコンにも向きがあるので注意したいです。

正しくカラコンも使わないとトラブルの原因になります。
そのため、コンタクトが苦手な人には、
カラコンは不向きです。

コンタクトレンズは慣れればいいのですが、
慣れないとつけること自体、少し不快な感じもします。

コンタクトが無理な人はカラコンは難しいですね。