Monthly Archives: 5月 2014

飛行機のフライトを、空港のロビーで待つという人は多いのではないでしょうか?

飛行機のフライトを、空港のロビーで待つという人は多いのではないでしょうか?

ですがロビーは人も多く、あまり落ち着ける空間ではありませんよね。
空港での待ち時間というのは思ったより長く、遅延などがあった場合は焦りからイライラしてしまう方もいるかもしれません。
そんな時に、静かにリラックスした気持ちで待ち時間を過ごしたいという方には、空港ラウンジがぴったりです。
空港ラウンジでは遅延や欠航などの情報もすばやく正確に入手できます。

空港ラウンジは有料の待合所で、本来ならば1000~2000円程度の入場料が必要ですが、空港と提携しているクレジットカードの会員だと、本人に限り無料で利用できます。
ただし、ここで注意したいのが、同伴者がいる場合は同伴者のみ利用料金が発生してしまうということです。
カードの種類によっては同伴者が1名まで無料になるカードもありますが、最近では少なくなっています。
ご家族同伴で空港ラウンジを利用することが多い場合は、家族カードを作っておくと一緒に無料で利用できるので良いと思います。

空港ラウンジがなぜリラックスできるのかというと、調度品もロビーより格段に質がよく、ゆったりとしたソファやテーブルなどが揃えられています。
また、新聞・雑誌・テレビ、電話、FAX、無線LAN、携帯電話の充電器などが設置されているので、ビジネスマンの方にはおすすめです。
無料のドリンクバーがあるのも嬉しいポイントですよね。
空港によっては個室の仮眠スペースやシャワールーム、スパを併設しているところもあります。

ただ、全てのクレジットカードで同じ空港ラウンジが利用できるわけではなく、カードの種類によって利用できる空港ラウンジが違うのです。
あまり使わない空港と提携しているカードでは意味がありませんので、よく使う空港の空港ラウンジを無料利用できるカードを選ぶようにしましょう。

生命保険と言うのは保険金を支払ってもらうには手続きが必要です。

生命保険と言うのは保険金を支払ってもらうには手続きが必要です。

保険金を受け取ると言う事はそう何度も起きることではないと思いますから手続きの流れなどは受け取るときに初めて必要な書類などを確認することになるでしょう。
この保険金の請求も「入院などの場合と死亡とでは少々異なります。
①まず「保険証書」を準備しましょう。
②受取人
・死亡保険の場合…死亡保険受取人
・入院などは被保険者です。
受取人が受け取ることができない場合は代理人でも手続きは可能。
③必要書類の準備
保険を請求するにあたって必要な書類を提出します。
死亡と入院などでは異なりますから確認し準備しましょう。
④すべてを提出し支払いと言う手続き名なります。
保険の見直しの際には入院何日目から保険料が支払われるかなどはきちんと確認しましょう。また通院時の支払いもチェックしましょう。