Monthly Archives: 6月 2014

お腹のヘソ周りの太くて濃い毛を見られてしまって恥ずかしかった思い出

お腹のヘソ周りの太くて濃い毛を見られてしまって恥ずかしかった思い出

風邪をずっとひいていて具合が悪かった時、お風呂も入れずにいました。なかなか良くならない風邪で、1週間も仕事を休んだ時がありました。その休んでいる間、私の家に、お見舞いの為に会社の同僚が5人ほど来てくれました。

その同僚は、まだあまり親しくなっていない人達でした。それでも、私の為に来てくれたのでした。その同僚は、私を元気ずけようと、鍋の材料を買ってきてくれたのです。

チゲ鍋で、とても体が温まる鍋でした。少し元気になってきたので、その鍋を食べる事にしました。楽しい会話をしながら、みんなで一緒にチゲ鍋を食べていたのです。

だんだんと私の体は熱くなり、服を脱ぎだしました。どうも、新陳代謝が良くなったようです。そして、どんどん鍋を食べます。すると、またまた熱くなってきました。もう1枚と脱いで、最後にはTシャツになっていたのです。

そして「はっ」としました。周りにいる同僚達が、驚いた顔で私のお腹を見ているのです。そう、オヘソの周りには、太くて短い毛が円を描くようにして生えているのでした。

どうも、鍋を食べるのに夢中になってしまい、Tシャツがめくれていたようです。20代後半になってきて、オヘソの周りに毛が生えるようになりました。2週間も寝込んでいたので、その毛をカミソリで剃っていなかったのです。

そうでなくても全身の毛が太くて濃い私は、オヘソの周りまで毛が生えるとは思ってもみませんでした。男性に生えているのは見ましたが、女性が生えるなんてと思っていました。

そのヘソの周りの毛を、見事に見られてしまっていたのです。顔が、より真っ赤になり、熱くなるのを感じました。私は、美容にうるさい女子として、会社では名が通っています。

なのに、オヘソの周りに毛が生えているとは思っていない同僚に、それも、まだこれから親しくなる同僚にばっちりと見られてしまったのです。顔から湯気が出そうでした。

「あはははは」とわざとらしく笑い、なんとかその場をやり過ごしました。会社に復帰した時、来てくれた同僚から「これ使って」と脱毛器具を渡されました。

やっぱり、あのオヘソの毛をばっちり見て、なんとかしてあげようと思ったらしいのです。またまた恥ずかしくなり、顔が熱くなりました。その同僚とは、1番仲良くなりました。

ちょっと恋心を抱いていた男性もお見舞いに来てくれたので、それも凄く恥ずかしかったです。会社では、その男性とはあまり目を見て話せなくなりました。でも、付き合ってみたいなあと考えています。

脱毛  大阪

友人の中で私だけがムダ毛が目立っていました

友人の中で私だけがムダ毛が目立っていました

私が恥ずかしかったことは、私が大学時代に体験したことです。それは、大学時代の友人と一緒にプールに泳ぎにいく約束をした時から始まりました。その友人は、おしゃれをする時も話が合うので、とても楽しみにしていたのです。そのため、水着についても、とても可愛い綺麗に見えるものを購入して、その日を待ちわびていたのです。その時、男子学生も呼ぼうとということになって、その中には私が憧れている学生もいたので、そのことでもとても楽しみにいていたのでした。
そして、その日のためにむだ毛処理をすることにしました。私はいつも毛ぞりをしていたので、いつものように、その処理をしたのです。
そして当日、待ちに待った日がやってきました。その日をどんなに待ちわびていたかと思うほど、楽しみにいていたのです。そして女性の友人と一緒に男子学生とともに、プールに出かけました。
その後、水着になる時に、そのことは起こりました。私は水着を奮発して、とても可愛いものを購入していたので、みんなに見せびらかすつもりで、その水着について見てもらっていました。その水着については、とても自分でも気にいっていたので、他の友人たちよりも可愛いものを着ていると優越感をもつことができたのです。
しかし、その後に他の友人の水着を着ている姿を見た時に愕然としました。その肌がとても綺麗なのです。他のどの人も綺麗にむだ毛の処理をしているのです。そのため、肌がピカピカになっていました。その友人達にむだ毛の処理について聞いてみると、それはエステで完璧にしてきたと話しているのを聞いたのです。その時、エステでは半額セールをしていて、そのセールの時に実施したと言うことでした。
その話を聞いたあとは、私のむだ毛処理について、綺麗に実施したつもりでしたが、むだ毛が目立っていると感じるようになったのです。
その後、プールで楽しくしようと思っていたのですが、そのむだ毛について自信がなくなり、楽しくすることができませんでした。他の友人たちよりは、楽しそうにしているので、とても羨ましく感じたのでした。
私は水着のことについてばかり、気を取られてしまい、うっかりむだ毛の処理については神経をとがらせてなかったことに、とても後悔をしたのです。
女性は、肌が綺麗に見えることが一番だと思っていますので、むだ毛の処理については、一番大切なことであったと思い知らされたことでした。そのことは、とても反省をしています。

名古屋 脱毛

黒字の企業はいかに税金を少なくするかに頭を悩ましています。

黒字の企業はいかに税金を少なくするかに頭を悩ましています。

出来る限り黒字額を抑える策を練っているのです。反対に国はいかにして国に税金が入ってくるか、考えています。強引な取り立ては勿論反発を買うことでしょう。しかし、法人が行う節税対策に時にストップをかけるのが国なのです。そのひとつがガン保険です。以前はがん保険は他の生命保険と同様に節税対策として有効でした。しかし、今は税制改正されて、所得控除対象ではありません。掛け金すべてが損金として計上できなくなってしまいました。これは国税庁が、法人が保険料を全額損金として支払って節税しても、何年か後に解約返戻金として戻ってくることが、資産タイプの保険であると考えたのです。このように、税制改正はしばしば行われ、そのために節税対策もそれに合わせて行っていく必要があるのです。
保険加入の時には保険会社の担当者と、しっかりと先を見据えた商品に加入できるように話し合い、確実に節税対策をしたいものです。しかし、生命保険と税制改正とのいたちごっこという様相は、今後も変わらず行われていくことでしょう。