黒字の企業はいかに税金を少なくするかに頭を悩ましています。

黒字の企業はいかに税金を少なくするかに頭を悩ましています。

出来る限り黒字額を抑える策を練っているのです。反対に国はいかにして国に税金が入ってくるか、考えています。強引な取り立ては勿論反発を買うことでしょう。しかし、法人が行う節税対策に時にストップをかけるのが国なのです。そのひとつがガン保険です。以前はがん保険は他の生命保険と同様に節税対策として有効でした。しかし、今は税制改正されて、所得控除対象ではありません。掛け金すべてが損金として計上できなくなってしまいました。これは国税庁が、法人が保険料を全額損金として支払って節税しても、何年か後に解約返戻金として戻ってくることが、資産タイプの保険であると考えたのです。このように、税制改正はしばしば行われ、そのために節税対策もそれに合わせて行っていく必要があるのです。
保険加入の時には保険会社の担当者と、しっかりと先を見据えた商品に加入できるように話し合い、確実に節税対策をしたいものです。しかし、生命保険と税制改正とのいたちごっこという様相は、今後も変わらず行われていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>